定置網とは?

漁業と言ってもさまざまな漁法があり、その方法によってはとても鮮度の良いものとは言い難いものもあります。

例えば、底引網などはとても効率の良い漁法ですが、狙った魚以外の生物も漁獲してしまい、その場所に住む海生生物の環境を壊すことが問題視されています。 

また、刺し網漁では網の目に魚が絡まることから網によって魚体が締め付けられ、魚体にダイレクトに負荷がかかってしまいます。 

「豊漁丸」の取扱う鮮魚セットでは「大型定置網」で獲れた鮮魚だけを扱っています。

この定置網は港から15分ほどの近海に常設しており、網の中に入ってきた魚を毎朝数十分で船に水揚げしているため、傷がつきにくく魚体にストレスが少ない高鮮度の魚を水揚げできるのです。

 

こちらはウェブサイトで使用される標準的なクッキー通知です。あなたは簡単に有効、または無効にすることができます。当社では、お客様に最高のサービスを提供するためにクッキーを使用しています。