サイドバーを表示する

鮮魚の梱包について

投稿日: 投稿者:KAWANOYASUYUKI

梱包にもこだわりを  せっかく高鮮度の状態でご用意しても、梱包の際に氷で水浸しになってしまっては魚体が白く水っぽくなってしまうことも。 そのため梱包にもこだわり、箱の最下部には「吸水シート」を敷いています。  これは溶けた水分をポリマーが吸収するとともに水分を含んだシートが保冷剤としての効果も発揮してくれるものです。  豊漁丸では鮮度の良い魚をなるべく直に氷が触れないように梱包をしております。          

定置網とは?

投稿日: 投稿者:KAWANOYASUYUKI

定置網とは?

定置網漁とは?   漁業と言ってもさまざまな漁法があり、その方法によってはとても鮮度の良いものとは言い難いものもあります。 例えば、底引網などはとても効率の良い漁法ですが、狙った魚以外の生物も漁獲してしまい、その場所に住む海生生物の環境を壊すことが問題視されています。  また、刺し網漁では網の目に魚が絡まることから網によって魚体が締め付けられ、魚体にダイレクトに負荷がかかってしまいます。  「豊漁丸」の取扱...

「豊漁丸」の想い

投稿日: 投稿者:KAWANOYASUYUKI

 豊漁丸の想い スーパー等の市場に並ぶ海産物は、漁師が水揚げした後、 地方の市場で競りにかけられ、 競り落とした仲買さんが都市部の市場に輸送し、 そこで再度競りが行われます。 そのため、スーパーに商品として並ぶときには 水揚げから3〜4日ほど経過しています。 鮮度の問題はもちろん、市場や仲介業者を通すことで 価格も大きく変動しているのです。  「豊漁丸」では地元漁師だけが日頃から味わうことができる 宮崎の「鮮度」をたくさんの人々に知っていただきたい! という...

こちらはウェブサイトで使用される標準的なクッキー通知です。あなたは簡単に有効、または無効にすることができます。当社では、お客様に最高のサービスを提供するためにクッキーを使用しています。