「豊漁丸」の想い

 豊漁丸の想い

スーパー等の市場に並ぶ海産物は、漁師が水揚げした後、
地方の市場で競りにかけられ、
競り落とした仲買さんが都市部の市場に輸送し、
そこで再度競りが行われます。
そのため、スーパーに商品として並ぶときには
水揚げから3〜4日ほど経過しています。
鮮度の問題はもちろん、市場や仲介業者を通すことで
価格も大きく変動しているのです。 
「豊漁丸」では地元漁師だけが日頃から味わうことができる
宮崎の「鮮度」をたくさんの人々に知っていただきたい!
という思いから漁師直送を始めました。